無呼吸症候群 ファクトシート

タバコ現喫煙者は⾮喫煙者に⽐べて有意に閉塞性睡眠時無呼吸症候群のリスクが高い

【ファクトシート14】 タバコ現喫煙者は⾮喫煙者に⽐べて有意に閉塞性睡眠時無呼吸症候群のリスクが高い

監修:高井雄二郎 先生
  東邦大学医療センター大森病院 呼吸器内科 准教授

現喫煙者は⾮喫煙者に⽐べて有意に閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)のリスクが高いということが、アメリカの研究により古くから⾔われています(*1)

喫煙と睡眠呼吸障害(SDB)リスクとの関連性

※SDB:睡眠呼吸障害(Sleep Disordered Breathing)のこと。⾃覚症状の有無に関わらずAHIが5回以上ならSDBとなります。加えて⾃覚症状と上気道の閉塞または狭窄がある場合はOSASと⾔います。

※AHI:無呼吸低呼吸指数(Apnea Hypopnea Index)のこと。睡眠1時間あたりの無呼吸と低呼吸の回数を⽰します。

因果関係は正確にはわかっていませんが、恐らくタバコの煙により⿐やのどの粘膜が慢性的な炎症を起こし、空気の通り道(上気道)がむくんでしまうためと考えられています。

喫煙により睡眠の質は悪化し、中途覚醒が増加します(*2)ので、喫煙者、OSASが疑われる方は喫煙習慣を一度見直してみましょう。

(*1)Arch Intern Med. 1994; 154: 2219-2224.

(*2)Krishnan V, CHEST 2014; 146: 1673-1680.