無呼吸症候群 ファクトシート

交通事故・労働災害閉塞性睡眠時無呼吸症候群の人が交通事故を 起こす確率は、一般ドライバーの2.5倍

【ファクトシート3】 交通事故・労働災害交通事故・労働災害 閉塞性睡眠時無呼吸症候群の人が交通事故を 起こす確率は、一般ドライバーの2.5倍

SASに伴う交通事故・労働災害

筆者:渡辺英明 先生
函館呼吸器内科クリニック

2003年2月26日JR山陽新幹線で運転士が居眠りをしたまま、新幹線が時速270kmで走り続け岡山駅で緊急停止する事故があったことをご記憶の方も多いかと思います。この居眠りの原因が睡眠時無呼吸症候群(SAS)であることが分かり、この病気の存在が広く一般の人々に知られるようになりました。

SASという病気の本質は高血圧、脳卒中、突然死などを来たし心・血管系の合併症により命にかかわる病気であるということです。しかしこの新幹線の事故をきっかけに、この病気は本人の健康問題だけにとどまらず、交通事故や労働災害などの社会的問題を引き起こす点が注目されるようになりました。

SASの人は睡眠時間をそれなりにとっていても無呼吸のため、頻回な覚醒反応が起こり良質な睡眠が取れないため日中の過度の眠気、集中力の低下や作業能力の低下が生じ運転中や労働作業中の事故の増加を招きます。労働作業中に過度の眠気や不注意により、大怪我をしたり最悪の場合は命を落とす危険性もあります。

SASの人が交通事故を起こす頻度はSASのない人の約7倍、一般ドライバーの約2.5倍といわれ(*1)、またSASが重症になればなるほど事故率が高くなることが報告されています。

しかし重要なことはSASを適切に治療することにより事故を起こす確率が改善し健常者と変わらなくなると言うことです。重大な事故から本人と社会全体を守るためにもSASを早期に診断し適切に治療することが望まれます。

SASと交通事故発生率

(*1)Am Rev Respir Dis 1988;138:337-340より改変