中年男性の高血圧患者のうち30%が
睡眠時無呼吸症候群(SAS)

絵と数字でみる睡眠時無呼吸症候群 6. 高血圧

中年男性の高血圧患者のうち30%が閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)を発症しています(*1)。実は、高血圧の原因とOSASには深い関わりがあることがわかってきています。OSASが原因の高血圧は、以下のような症状や血圧の特徴がみられます。

(OSASの)症状

  • 眠気、集中力の低下
  • 早朝の頭痛、倦怠感
  • 強いいびきや無呼吸
  • 頻回の夜間覚醒、夜間頻尿
  • 夜間呼吸困難(窒息感)

血圧の特徴

  • 治療抵抗性高血圧(3剤以上のお薬で血圧コントロールができていない方)
  • 早朝高血圧
  • 夜間高血圧

このように、日中の眠気や集中力の低下などOSASの症状がある方、3剤以上のお薬で血圧をコントロールできていない方、あるいは夜間や早朝に血圧が上がる方はOSASにより高血圧が引き起こされている可能性があります。心当たりのある方はかかりつけの先生に相談し、OSASの検査を受けていただくことをお勧めします。

  • (*1)Lancet. 1984 3;2(8410):1005-8.

関連リンク
睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群かも?と思ったら…
簡単セルフチェック
いびき・睡眠時無呼吸症候群の相談ができる
お近くの病院を探す