検査の方法は?

睡眠時無呼吸症候群 (SAS)の概要

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は治せる病気

実際に受診するときの流れをご紹介します。SASは治療をすれば症状が改善される病気です。大切なのは適切な治療を受けること。激しいいびきなど、気になる症状がある方は一度受診されることをお勧めします。日中の眠気が少なくてもSASの場合もあります。

■一般的な検査・診断の流れ

問診→パルスオキシメーターによるスクリーニング→携帯型装置による在宅簡易検査→精密検査※2→治療法の決定・治療開始

※2:重症度や病状によっては、主治医の判断により精密検査を行わず、ただちに治療開始する場合があります。

■検査方法

  • パルスオキシメーターによる
    スクリーニング

    指先にセンサーをつけ、血液中の酸素の状態と脈拍数を測定します。これにより、無呼吸により起こる酸素の低下状態が診断されます。

  • 簡易検査

    指先・呼吸のセンサーをつけ、血液中の酸素、呼吸の状態を測定します。これにより、10秒以上の無呼吸・低呼吸の1時間当たりの数(AHI)、酸素の低下状態が診断されます。

  • ポリソムノグラフィー(PSG)検査

    PSG検査はSASの検査では最も精密な検査方法になります。脳波・筋電図・心電図・呼吸・血液中の酸素等、さまざまな生体信号を測定します。これにより、10秒以上の無呼吸・低呼吸の1時間当たりの数(AHI)、酸素の低下状態はもとより、睡眠の質(睡眠の深さ・分断の有無)、不整脈の有無、その他の睡眠障害の有無等について診断されます。
    この検査はさまざまなセンサーを装着する必要があるため専門の検査施設等に入院して行います。

チェックポイント

現在、SASの治療法は確立されており、きちんと治療を継続することで症状が低減し、睡眠の質も向上します。
SASの代表的な治療法はこちらから。

SASは専門の医療機関を受診し検査を受けることによって判定できます。
いびきやSASについて心当たりのある方は、ぜひ一度ご相談されることをおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群かも?と思ったら…
簡単セルフチェック
いびき・睡眠時無呼吸症候群の相談ができる
お近くの病院を探す